京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 【特集】口コミで検証!大人のアトピー治療

【特集】口コミで検証!大人のアトピー治療

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、増悪(ぞうあく)と寛解(かんかい)を繰り返し、長期間にわたって皮膚の炎症が継続する疾患

増悪とは症状が悪くなること、寛解とは症状が良くなることを言います。主な症状は湿疹で、かゆみ・乾燥・丘疹(ブツブツ)などが見られますが、人によって症状や発症時期は異なります。

症状に関する口コミ

口コミを見ると分かるように、アトピー性皮膚炎の主な症状は湿疹。かゆみ・乾燥・丘疹(ブツブツ)・皮膚のジュクジュクなどが見られ、なかなか改善しない(慢性化)のが特徴です。

大人のアトピーと子どもアトピーの違い

大人のアトピーと子どものアトピーには、原因と症状に違いがあります。

子どもアトピーの原因の多くは、食物(たんぱく質など)や環境(ダニ・ハウスダストなど)といったアレルゲンによるもの。アレルゲンが取り込まれると体内の免疫機能が過剰反応を起こし、アトピー性皮膚炎が発症すると言われています。

子どものアトピーに関する口コミ

口コミでも分かるように、子どもアトピーができやすい場所は顔・ひじの裏・背中・首回りなど。バリア機能が未熟なので乾燥しやすく、かゆみの強さから掻きむしってしまうケースが多くなっています。

ただし、成長とともに皮膚のバリア機能・免疫機能が発達すると、症状が治まっていく傾向にあります。

一方、大人アトピーになると食物アレルゲンの影響はほとんどなくなり、ダニ・ホコリ・カビなどの環境アレルゲンが主な原因となります。また、生活習慣やストレスなども、大人アトピーの原因の1つです。

大人のアトピーに関する口コミ

皮膚科と美容皮膚科の治療の違い

皮膚科と美容皮膚科、どちらも「皮膚科」ではありますが、取り扱っている治療法などに違いがあります。

一般皮膚科が対応しているのは、湿疹・じんましん・とびひ・水虫・アトピー性皮膚炎・ニキビといった症状の改善で、基本的に保険診療内で治療を行います。

一方、美容皮膚科は「美しい肌づくり」を目的とした医療機関。アトピー性皮膚炎・ニキビ・ニキビ跡・シミ・くすみ・しわ・たるみといった美容の悩みを、専門的な治療をもって改善へと導きます。

多くの美容皮膚科は一般皮膚科も併設されているため、症状や希望に合わせてさまざまな治療法を選べるというメリットがあります。

一般皮膚科と美容皮膚科の違いが分かる口コミ

【特集】口コミで検証!大人のアトピー治療もくじ

アトピーはかゆみや外見の悩みから、強いストレスを生む病気です。

間違った対処で症状が悪化しないよう、早めにクリニックの治療を受けるようにしましょう。

今回の特集では、大人になってから発症する「大人アトピー」に悩む人のために、経験者の口コミをまとめました。

クリニックや治療法を選ぶ際の参考にしていただければと思います。