京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 京都の美容皮膚科の選び方

京都の美容皮膚科の選び方

京都でよい美容皮膚科を見つけるためのポイントを紹介しています。

信頼性の高いドクターなのかをチェック

まず、ドクターの資格と経験をチェックしましょう。所持している資格として望ましいのは、日本皮膚科学会認定専門医。この資格を得るには5年以上の皮膚科専門医研修が必要であるため、ドクターの専門性の高さを裏付ける資格の1つです。経験としては、皮膚科・美容皮膚科にどのくらいの期間携わっているか、どのような研究・活動に関与してきたかを確認しておくと良いでしょう。

また、クリニックを選ぶときは、形成外科医・皮膚科医として5年以上の経験があるドクターかどうかもチェック。特に何らかの手術を考えている人は、形成外科医として大学病院等でキャリアを積んだ医師がおすすめ。難易度の高い手術をこなしてきた実績は、安心材料のひとつになります。

さらに、ドクターの年齢にも注目しましょう。30歳前後の“院長”をよく見かけますが、絶対的な経験が少ないため、いざというときの判断などが、熟練医師にくらべ劣ってしまうのは否めません。ただし、いくら過去が輝かしい医師でも、高齢すぎると目が見えにくくなったり・腕も衰えていたりするので、中堅年齢層の医師が安心と言えるでしょう。

さらに、同じ地域で長く医院を構えているかどうかも重要。そのエリアで長く愛されているという証拠ですし、院長の人柄や技術力も一流であることが多いです。

広告の情報だけに頼らず、まずはカウンセリングを受けてみよう

自分自身でカウンセリングを受けてみる

「知人からの紹介などで特定のドクターにお願いしたい」という場合を除いて、インターネットや雑誌などで情報を得た場合は、カウンセリングは最低3件程度行ってみましょう。人間なので相性もありますし、同じ手術でもドクターごとにこだわりのある方法を行う場合もあります。

カウンセリングでは、料金についても忘れずに聞いておきましょう。自分自身でカウンセリングを受けてみると、事前のリサーチとはずいぶん食い違うことが出てくるかもしれません。

美容皮膚科のカウンセリングの流れ

美容皮膚科の多くは予約制となっているため、最初に電話やネットから予約を入れます。予約した日時にクリニックへ行ったら、受付をすませてから問診票を記入。名前・年齢といった基本情報から、気になる症状・受けたい治療法などを記入していきます。

問診票が記入できたら、次は医師のカウンセリングです。抱えている悩みや不安、治療や料金についての希望などをしっかり聞きましょう。その後、ドクターがあなたの症状を診察し、適切な治療法を提案してくれます。場合によってはすぐ施術に入ることもありますが、少し考えたい場合などは申し出ればOK。ここで無理な勧誘をしてくるようなクリニックは、避けた方が良いでしょう。また、カウンセリング・診察の時間が短すぎるクリニックも注意が必要です。

カウンセリングで聞くべきこと

カウンセリングで聞くべきことは、まず自分の悩み・不安に対する治療法についてです。どんな方法があるのか、それを選ぶメリット・デメリットとともに聞いておきましょう。施術を誰が担当するかをチェックしておくことも重要です。

痛みが伴うような施術の場合は、その対応策についても聞いておくと安心。どの程度の痛みなのか、麻酔の利用は可能なのか、ダウンタイムはどれくらいなのか、効果が出るまでの期間などを確認しておきましょう。最後に、料金についてです。聞きにくいなどと思わず、トータルの料金を明確に提示してもらいましょう。どんなに小さなことでもしっかりと確認をし、後悔のないようにしたいですね。

利益を追求せずに誠意ある説明をしてくれるのかを確認する

電話応対は?

よい美容皮膚科を選ぶためには、まず電話での対応をチェックしてみましょう。電話では、「気になる治療法・プランについて」「自分の悩みに合った治療法はあるか」などを聞いてみてください。ここで言葉を濁したり、面倒くさそうに「診察してみなければ分かりません」などと言ったりするクリニックは除外してOK。スタッフの感じが悪いクリニックに何度も通うのは、気持ちがいいものではありませんからね。

医師の対応は?

カウンセリング・診察時は、医師の対応にも目を配りましょう。カウンセリングでは、こちらの話に親身に耳を傾けてくれるか、言葉を遮ったりしないか、治療法の説明が短すぎないか、などを確認しましょう。また、できることとできないことをハッキリ言ってくれる医師の方が◎。ニコニコして何でも「できますよ」などという医師よりも、できないことは「できない」と明確に述べ、その理由と対応策を提示してくれるドクターを選ぶようにしましょう。患者のことを第一に思っている、信頼できる医師と考えられます。