京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 美容皮膚科で治療できる肌トラブル » ニキビ・ニキビ跡について

ニキビ・ニキビ跡について

ニキビができる原因と仕組み、種類ごとの特徴について解説しています。

ニキビができる原因とは

肌トラブルの代表格とも言えるニキビ。尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚病の一種で、皮脂腺が慢性的に炎症を起こしている状態のことです。

新陳代謝やホルモンバランスの乱れなどで皮膚表面(角質)が硬くなると、毛穴の入り口付近のターンオーバー(皮膚の再生)が低下。角質が増加して毛穴が狭くなり、皮脂を排出できなくなります。すると、皮膚常在菌であるアクネ菌も毛穴の中で増殖してしまい、炎症が起きてしまうのです。

アクネ菌は皮膚表面のバランスを保つ働きをする常在菌で、決して悪い菌ではありません。

ニキビを予防するには毛穴が詰まらないようにし、アクネ菌が悪さをしないような環境づくりを心掛けましょう。

ニキビの種類

ニキビとひと口に言っても、その種類はさまざま。それぞれに症状や治療方法が異なるため、自分のニキビがどれに該当するのかを知る必要があります。

白ニキビ

皮脂が毛穴につまり、白く盛り上がっている状態。初期段階のニキビで、毛穴はまだ開放されていません。

黒ニキビ

毛穴が開放され、空気に触れて酸化した皮脂が黒ずんだ状態。進行状態でいえば、中期にあたります。

赤ニキビ

白ニキビ・黒ニキビを放置し、赤く腫れあがって炎症が起きている状態。黒ニキビと同様に、中期に該当します。

これらのニキビを治療せずに放っておくと、化膿して黄色い膿(うみ)が排出されるようになります。これがニキビの後期です。炎症が続くとニキビ跡にもなりやすくなるので、早めにケアをするようにしましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは

10代でできるニキビと、大人になってからできるニキビは、原因が異なることが多くあります。

10~18歳くらいの時期にできるニキビを、思春期ニキビと呼びます。成長期に入ってホルモンバランスが変化すると、皮脂の分泌量が増加。毛穴に皮脂がたまりやすくなり、ニキビができやすくなると言われています。ホルモンバランスの安定に伴い、症状も軽減するのが特徴です。

大人ニキビとは、思春期を過ぎてからできるニキビのこと。思春期ニキビに比べると原因となる要素が多く、睡眠不足・運動不足・ストレス・飲酒・喫煙・化粧品など、なかなか1つに絞り込めないのがネック。大人になると新陳代謝もダウンしがちなので、ニキビ跡が残りやすいため注意が必要です。

ニキビ跡は、なぜできる?

ニキビには、キレイに治るものと跡が残ってしまうものがあります。その違いは、炎症の度合いです。赤く腫れあがって炎症が起きている赤ニキビや、さらに悪化して膿が出ているようなニキビは要注意。炎症が悪化すると皮膚の深部にまで影響が及び、組織が損傷して跡が残りやすくなるのです。

ニキビ跡を残さないようにするためには、初期の段階でしっかりと治していく必要があります。とくに大人ニキビは原因が分かりにくいので、できれば自己ケアではなく、皮膚科や美容皮膚科の専門医に相談した方が良いでしょう。

ニキビ跡を残さないようにするためには、症状に合った適切な治療が必要です。