京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 美容皮膚科で治療できる肌トラブル » ニキビ・ニキビ跡について » 口コミで注目度の高かったニキビ・ニキビ跡の治療

口コミで注目度の高かったニキビ・ニキビ跡の治療

口コミで評判の高かったニキビ治療の特徴・料金相場などをまとめています。

ニキビ・ニキビ跡の治療法と料金相場

ここでは、口コミでも注目している方が多かったニキビ治療についてまとめています。それぞれの特徴や料金相場をチェックしてみてください。

光治療

特殊な波長の光を肌に当て、ニキビの原因菌を死滅させる治療法。使用される機器はクリニックによって異なりますが、ライムライト・オーロラ・フォトフェイシャルなど。痛み・熱さ・ダウンタイムがなく、安心して受けられます。料金は1回3,000~10,000円ほど。

レーザー治療

レーザーを照射して皮膚に刺激を与え、細胞の生まれ変わりを促す治療法です。ニキビ跡・色素沈着・皮膚の凸凹解消に効果を発揮。炎症と伴う赤ニキビにはヤグレーザーや炭酸ガスレーザー、ニキビ跡にはサーマクールなどが用いられます。痛みはほとんどありませんが、副作用として発疹・かぶれなどが起こる場合も。費用は1回あたり10,000~20,000円が目安。

毛穴クレンジングフォトセラピー

毛穴の汚れ・皮脂を吸引し、さらにニキビケアに効果的な光をあてる治療法。赤み・化膿・ニキビ跡などの改善に効果を発揮します。ニキビだけでなく、ニキビ跡や凸凹といった悩みの解消にも。1回2,000円前後で、痛みはほとんどありません。ただし、日焼けをしているとヤケドをする可能性がごく稀にあります。

ニキビ排膿

毛穴を特殊な針で洗浄し、化膿ニキビを解消します。やや痛みがあり、施術当日は軽いダウンタイムがあります(メイクは軽めならOK)。料金は1回15,000円ほど。

ケミカルピーリング・ダイヤモンドピーリング

角質を柔らかくする薬品を用いて、皮膚の新陳代謝を促進するケア方法。クリニックによって使用する薬品は異なり、施術を行う時期によっても効果に差が出るので注意が必要です。料金は3,000~13,000円程度。ニキビ治療後のメンテナンスとしても利用できます。

内用薬・外用薬

薬剤を使って、身体の内外からニキビにアプローチする治療法。内用薬では、ミノマイシン(抗生物質)やブルフェン(抗炎症剤)、イオウカンフルローション(皮脂抑制剤)、ビタミン剤などを処方。外用薬では、ディフェリンゲル・アクアチム・スタデル・ダラシンなどの軟膏が処方されます。クリニックによっては、身体に優しい漢方薬を出してくれる場合も。

ニキビ治療に強い京都市内のクリニック

ニキビ治療に力を入れている京都市内の美容皮膚科を、2院ピックアップしてみました。

岡田佳子医院

岡田佳子医院公式サイト画面

保険適応(塗り薬・飲み薬)から、保険適応外(薬剤・漢方・光治療・ピーリング・メディカルスキンケア・フラクショナルレーザー治療)と、幅広いニキビ治療メニューを提供しているクリニック。1995年の開院以来、6万人以上の患者を診察してきたベテランの女性医師が、皮膚の状態を丁寧に診察。1人ひとりに適した治療法を提案してくれるため、多くの患者さんから支持されています。

大西皮フ科クリニック

大西皮フ科形成外科医院の公式サイト画面大西皮フ科クリニックは、平成9年に開院した一般皮膚科・美容皮膚科。新しい治療法を積極的に取り入れているクリニックで、医療用Wピーリング・フラクショナルレーザー・アルジネート美肌マスク、海外で主流の外用薬など、選べる治療法が豊富です。自費診療メニューだけでなく、抗生物質・ビタミン内服薬といった保険診療にも対応しています。