京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 美容皮膚科で治療できる肌トラブル » ムダ毛について

ムダ毛について

医療脱毛とエステ脱毛の違いや、毛周期について解説しています。

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて

脱毛方法を調べていると出てくる、医療脱毛とエステ脱毛。この2つには、どんな違いがあるのでしょうか?

医療脱毛の特徴

医療脱毛は、その名が示す通り医療機関で行う脱毛方法。使用しているのは、クリニックでしか扱えない医療用レーザー脱毛器で、施術を行えるのは医師や看護師といった有資格者のみとなっています。事前に医師が皮膚やムダ毛の状態を診察し、1人ひとりに適した出力で照射を行ってくれるのがメリットです。

エステ脱毛の特徴

エステ脱毛で用いられているのは、フラッシュ脱毛と呼ばれる光脱毛器。エステティシャンや一般のスタッフでも施術を行えるよう、安全性を考慮してパワーは弱めに作られています。担当するエステティシャンやスタッフは研修を受けてはいますが、皮膚に関する専門知識は有していないため、敏感肌・アレルギー持ちの方などは注意が必要です。

脱毛効果の違い

気になる脱毛効果ですが、高い効果を発揮するのはダンゼン医療脱毛。強力なレーザーで毛根を破壊するため、永久脱毛に近い効果を得られるのが特徴。施術にかかる期間も短く、部位によっては5回ほどで完了することもあります。ただし、痛みが比較的強い(輪ゴムで肌をはじいた程度)のがデメリット。照射部位をクーリング(冷却)したり、麻酔クリームを塗って痛みを軽減したりしてくれるクリニックもあります。

エステ脱毛はパワーが弱いため、医療脱毛ほどの効果は望めません。ムダ毛が生えるスピードを遅らせる効果しかないため、通う回数も多くなります(部位によっては10~20回)。ただし、痛みがほとんどなく、光の効果で肌がキレイになるというメリットもあります。

アフターケアにも違いがある

また、アフターケアについても違いがあります。医療脱毛はクリニックで行われるため、万が一トラブルが起きた際の対応もスピーディー。症状に合わせて軟膏などの薬を処方してもらえるので、安心度が高めです。一方、脱毛エステはクリニックと提携しているところもありますが、すぐに診察してもらえるとは限らないのが難点。

こういった違いを踏まえて、自分に合った脱毛方法を選んでいきましょう。

脱毛にかかる期間や、毛周期について

医療脱毛・エステ脱毛ともに、毛周期に合わせて施術を受ける必要があります。

毛周期には4つの段階があり、成長前期・成長後期・退行期・休止期のサイクルで生え変わりを繰り返しています。

ちなみに、医療レーザー脱毛・エステの光脱毛の効果が期待できるのは、成長期(前期・後期)のムダ毛のみ。退行期・休止期のムダ毛には、効果が見られません。

そして、生えている体毛(頭髪をのぞく)のうち、成長期にあたるのは全体の20%程度。1回の照射で処理できるのが20%ですから、単純計算でいえば20×5=100、最短5回でムダ毛の処理は完了すると言えます。

ただし、この回数は効果の高い医療脱毛に期待できる数字。エステ脱毛は毛根を完全に破壊することができないため、5回ですべてのムダ毛を処理するのはほぼ不可能です。

短期間で安全・確実に脱毛を完了させたいなら、医療脱毛をおすすめします。