京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 美容皮膚科で治療できる肌トラブル » シミについて

シミについて

シミの種類と原因についてのデータをまとめました。

こんなにあるシミの種類

ひと口にシミといってもさまざまな種類があり、症状や原因もそれぞれ異なっています。主なシミの種類を、以下にまとめてみました。

老人性色素斑

老人性色素斑とは、皮膚に浴びた紫外線が原因でできるシミ。老人という名前がついていますが、20代からでき始める方もいます。こめかみ・頬骨のあたりにできやすく、形は丸くて平坦なのが特徴。

肝斑(かんぱん)

30~50代の女性によく見られるシミで、額・頬骨などに左右対称に現れるのが特徴。女性ホルモンが影響すると言われており、閉経とともにほとんどが軽減・消滅します。ピルを服用している場合や、妊娠中に出現することも。

炎症性色素沈着

ニキビ・虫刺され・アトピーなど、皮膚に炎症が起きたあとにできるシミ。慢性的な炎症が続いたり、肌のターンオーバーが乱れたりしていると、色素を排出できず皮膚に色素が残ってしまうことがあります。

雀卵斑

雀卵斑とは、いわゆる「そばかす」のこと。顔全体に小さな斑点ができ、子どものころから現れるのが一般的です。紫外線を浴びると色が濃くなることも。原因のほとんどは、遺伝性のものであるとされています。

脂漏性角化症

シミの部分の角化が進み、皮膚表面が盛り上がった状態。老人性イボとも呼ばれる良性腫瘍です。ただし、良性かどうかは素人目には判断できないため、専門医の診断を受けるようにしましょう。

シミは何故できるの?

日光に当たり続けると皮膚が黒くなりますが、これは皮膚の防御反応によるものです。紫外線を浴びるとメラノサイト(色素形成細胞)が活動しはじめ、紫外線から細胞を守るためにメラニン色素を生成します。

メラニン色素が生成されても、紫外線に当たらなければターンオーバー(新陳代謝、皮膚の再生)の働きで皮膚の色は元通りになります。しかし、何らかの原因(ストレス・疲労・ホルモンバランスなど)でターンオーバーが乱れると、メラニン色素の排出が遅延。そのまま皮膚表面に残った色素が、シミとなってしまうのです。

できたシミは、早め早めにケアをすることが大事。種類や症状に合ったケアをしないと色が濃くなる恐れがあるため、皮膚科専門医に相談した方が安心です。