京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 美容皮膚科で治療できる肌トラブル » 薄毛

薄毛

女性にも多く見られる薄毛の種類と特徴、その原因についてまとめました。

女性にもある薄毛の症状とは

薄毛の悩みは男性特有かと思われがちですが、女性にも見られます。とくに、ここ数年は薄毛に悩む女性が増加している傾向にあるようです。

女性の薄毛でもっとも多く見られる症状は、「びまん性脱毛症」これは女性型脱毛症と呼ばれるほどポピュラーなもので、髪全体が薄くなるのが特徴。髪のボリュームがなくなり、つむじ・分け目から地肌が見えるようになるのは、びまん性脱毛症が原因です。

その他にも、皮脂の分泌が原因となる脂漏性脱毛症、頭皮環境の悪化による粃糠性(ひこうせい)脱毛症、出産後に一時的に髪が抜けやすくなる分娩後脱毛症などが、女性に見られる症状として挙げられます。

薄毛の原因や症状

女性の薄毛・脱毛症の原因には、以下のようなものが考えられます。

ホルモンバランス

加齢に伴い、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで薄毛になると言われています。エストロゲンは健康的な髪を維持するために必要なホルモンですが、この分泌量が減ると毛が細くなったり、寿命が短くなったりして、髪全体のボリュームがダウンしてしまうのです。

加齢

人間の皮膚は加齢に伴ってターンオーバーが遅れ気味になりますが、頭皮も例外ではありません。ターンオーバーが遅れると、健康的な頭皮環境を保ちにくくなり、抜け毛・白髪・薄毛といった症状が現れ始めます。

ストレス

職場や家庭の問題、人間関係など、さまざまなストレスにさらされると人間の身体機能は異常をきたします。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、本来は免疫を司るTリンパ球が毛母細胞を攻撃、その結果として薄毛が進行してしまうことがあります。また、血管の収縮・体温の低下といった症状も薄毛を進行させる要素です。

間違ったヘアケア

1日のうちに何度もシャンプーをしたり、トリートメントやコンディショナーをつけすぎたりといった、間違ったヘアケアは薄毛の原因となります。誤ったケアを続けると頭皮が乾燥し、健康な髪を育てる環境が損なわれてしまうので要注意です。

女性の薄毛は男性とは原因・症状が異なるため、自己判断でのケアは避けた方が賢明。薄毛治療・育毛に詳しい専門医に相談し、自分の薄毛のタイプと治療法を提案してもらった方が良いでしょう。