京都でおすすめの美容皮膚科をご紹介します。

TOP » 美容皮膚科で治療できる肌トラブル » 加齢による肌の悩みについて

加齢による肌の悩みについて

女性の悩みであるシワ・たるみの種類と、その原因についてまとめています。

シワ・たるみの種類と原因

加齢だけでなく、日常生活のちょっとしたクセや習慣からでもできてしまう「シワ」や「たるみ」。その種類は多種多様で、それぞれ原因も異なっています。

シワ

ちりめんジワ

いわゆる小ジワのことで、目尻や目もとなどに多く見られる細かいシワ。皮膚の保湿力の低下・乾燥が原因で、加齢とともに増えていく傾向があります。

真皮ジワ

紫外線や加齢によって皮膚の弾力性が低下したり、脂肪や重力で皮膚が下に引っ張られたりすることで生じるシワ。目の下・口もと・首などに現れることが多く、比較的深いシワです。

表情ジワ

笑う・怒るなどの表情を作るときにできるシワが、そのまま皮膚に刻まれたもの。眉間・額・目尻などに多く見られます。とくに肌が乾燥していると、シワが元に戻りにくくなる傾向があります。

たるみ

真皮層の老化たるみ

肌の弾力を支える真皮層が老化し、内部から支えられなくなってできるたるみ。真皮層が陥没するため、深いたるみになりがちです。

筋肉老化たるみ

加齢に伴って筋力が衰えると、皮膚・皮下脂肪を支えきれなくなって垂れ下がり、たるみになってしまいます。ほうれい線・二重アゴは、これが原因であることが多め。

うつむきたるみ

猫背やうつむくクセがあると、知らず知らずのうちにフェイスラインが垂れ下がったり、首に深いシワが刻まれたりすることがあります。PC・スマホ等を長時間使う方は要注意。

毛穴の開きや黒ずみの原因

気になる毛穴の開きや黒ずみは、一体何が原因でできてしまうのでしょうか。実は、毛穴の開き・黒ずみにも、さまざまな種類と原因があるのです。

たるみ毛穴

年齢とともに皮膚を支えるコラーゲン・エラスチンなどが減少。保湿が不十分だと、皮膚が垂れ下がって毛穴が縦長に開いてくることがあります。悪化すると毛穴どうしが繋がって帯状毛穴となり、シワになってしまうことも。

クレーター毛穴

炎症性のニキビを手で潰してしまうなど、間違ったニキビケアによってできる皮膚の凸凹。セルフケアで治すことは不可能なので、美容皮膚科などの専門医に相談することをおすすめします。

黒ずみ毛穴

排出されるべき皮脂が毛穴に残ってしまい、表面が酸化して黒ずんでしまった状態。黒いブツブツが目立ち、大きな悩みとなります。ただし、なかには汚れではなくメラニンが原因となっている黒ずみもあるため、皮膚科で一度診断してもらうと良いでしょう。

しわ・たるみ・毛穴の悩みは、まず日頃のスキンケアや生活習慣を改善することが重要。しかし、それでも改善されないものは、皮膚の専門家に相談するのが一番です。間違ったケアを続けると、より症状が悪化してしまうこともあるため、注意が必要です。